名古屋で行う毎日の清掃

日々ほうきで掃きモップで拭き雑巾でしっかり吹き上げるということ、これが、家庭でも清掃にまじめに取組むと半端な時間では済みません。そして、きれいにした後の気持ち良さはやった人のみぞ知る満足感があります。

名古屋にあるオフィスや店舗ビルの清掃となると、すべてしっかり拭いたり磨いたりして、ぴかぴかにするには膨大な時間がかかります。でも、名古屋へショッピングなどに行くとウィンドウもエスカレーターもぴかぴかになっているなと感じますよね。

清掃には目利きと見方が大切だと感じています。たとえばウインドウのガラスなどは下からのぞくようにしてみると手垢のべたべたなどは一目瞭然ですよね。見極めるこの一時ほんの1~2秒が素早く清掃を仕上げることの一番の秘訣だと私は思います。
そして、視野を広く持ち清掃の仕上がりを全体を含めてチェックすることは清掃の最大の仕事になります。電車のホームで駅員さんが指差し点呼をしてますが、掃除の仕上げもこれと同様だと思っています。

名古屋で行う効率的な清掃方法

清掃をするとき、強い洗剤を使っていませんか。効率よく清掃するには、素材にあった洗剤・清掃方をしましょう。
簡単な汚れなら洗剤を使わずに落とすことができます。
コツとしては、40℃くらいのお湯に雑巾を浸し、固く絞って汚れを拭き取ることですね。お湯につけることで汚れがゆるくなり落ちやすくなります。

それでも水拭きで落ちない汚れには洗剤を使うとよいでしょう。強い洗剤ならどんな汚れでも落ちそうですが、強い洗剤は素材を傷めたり、肌荒れを起こすなどの問題があります。
また、環境にも悪影響を与えてしまうことも。弱い洗剤で済むようなら、できるだけ洗浄力の弱いものを使いましょう。

シートに洗剤を含ませた市販の清掃シートがあります。汚れに気づいたときにすぐに取り出せササっと拭けるので便利なものですね。しかし、素材に洗剤が残って汚れの再付着の原因となります。普段の清掃は洗剤配合のシートではなく、雑巾を使うようにするとよいでしょう。
洗剤を使わずに掃除することで素材の痛みや汚れの再付着を防ぐことができ、掃除の回数を減らすことができて効率的です。

面倒くさがりやの為の清掃方法【名古屋編】

名古屋に住んでいる僕ですが、かなりの面倒くさがりです。家でも職場でも少し汚れているな、と思ったら「もっと汚れた時にまとまってやろう」と思ってしまうような性格でした。
家ならまだしも、名古屋にある職場でもそのような調子だったので、僕の上司から「だらしないのはプライベートだけにしろ、職場はきれいに心掛けろ」と注意されてしまったことも。ここまでくるといよいよ改善しなければな、と思いました。

そこで、自宅でもキレイな空間を心掛けるために始めたのが、一日10分間清掃というものです。
たとえば部屋のある一室の一部分だけ、毎日10分だけ集中して掃除をして、10分経ったらその日は終了というルールを作りました。これなら大した手間にもなりませんし、これを繰り返しておけば、数日で家もキレイになるだろうと思って始めました。

はじめてみると確かにとっつきやすくていいのですが、一部だけ決めてキレイにしようとすると、段々まわりもキレイにしたくなってきてしまうので、10分経ってもなかなか終わらないということがありました。
ただ、キレイになっていくと自分も楽しいのでそんなに苦ではありませんでした。
掃除する習慣がなかなか身に付かないという方にぜひオススメしたい掃除法です。

1日5分!キレイな部屋を保つ掃除術

忙しくて、なかなか片づけられない。気が付くと、手がつけられない状態になるといった経験はありませんか?

そんな人におすすめなのが、1日5分掃除です!どんなに疲れて帰ってきても、忙しくても、歯を磨くのと一緒で、1日5分だけ掃除の時間を作ってください。
やってみると分かりますが、5分って結構あるものです。初めは1分でもいいでしょう。テレビを見ながら、CMの時間にと決めてもいいと思います。それをだんだん2分、3分…という風に増やしていけばいいのです。

毎日日課にして欲しいのは、「机の上は何もない状態にする」ことです。
例えば、曜日でやることを決めるのはオススメです。

月曜日:テレビまわりの整理整頓・拭き掃除
火曜日:机の引き出しの整理整頓
水曜日:ソファーとカーペットの掃除
木曜日:窓ガラスの拭き掃除
金曜日:ベランダの掃き掃除
土曜日:部屋全体の拭き掃除
日曜日:気になったところの掃除・整理整頓

毎日何をするかを紙に書いて貼っておいてもいいでしょう。頑張りすぎないことが続けられる方法です。
1日少しずつ、毎日継続してやっていくことが、キレイな部屋を保つ最善の方法です!

名古屋における真夏の清掃事情(エアコンの場合)

名古屋でも梅雨があけ、本格的な真夏がはじまりました。
名古屋で起こっているここ近年の猛暑に、エアコンを使わない夏なんて考えられません!

そうなると、まずやらなければならないことは、エアコンの清掃ですね。最近のエアコンであれば、難しい清掃ではありませんが、やはり億劫ではあります。
女性ひとりでは難しく、今度の週末にお父さんに頼む…というご家庭もあるのではないでしょうか。

また、リビングで一家に一台というわけではなく、今ではどの部屋にも一台ある時代です。そうなってくると、全部の部屋のエアコンをあけて、フィルターをだして…と考えると、かなりの重作業ですよね。
涼しい夏を過ごすためとはいえ、エアコンをつけるまえに、熱中症にでもなってしまったら元も子もありません!

こんなときは、名古屋にもあるエアコンの清掃業者にお任せをするのも、ひとつの手段ですね。プロにお任せすることで、自分では落としきれないカビなども、キレイに清掃してくれます。
いくらエアコンで部屋を涼しくしても、ガンコなカビの生えたエアコンの風では、やはり気分はよくないものです。この夏は、プロのエアコン清掃を依頼して、気持ちの良い快適な夏にしたいな、と考えています。

忙しい時の清掃のコツ

名古屋のような都会の企業に勤めていると、忙しくてどうしても清掃する時間が無くなり、家が散らかってしまいますよね。部屋が汚れていたり、散らかっていることは、風水的にもあまり良くなく、幸運を逃してしまうそうです。
確かに、精神的にも散らかっている部屋よりは、きちんと清掃が行き届いていて、すっきりしている方が良いですよね。

清掃のコツは、「そのつど片付ける」事だそうです。
例えば、食後食器を片付ける時ついでにテーブルを拭いたり、取り出したものは、同じ場所に片付けるといったこと。それはもちろん常識ですが、それに加えて、何かを取り出すついでにその周辺を掃除したり、歩きながら、ささっとモップで埃を取ってみたりといった工夫をしてみましょう。
つまり一気に頑張って清掃をする、というよりは、そのつど習慣づけて清掃をする事が、忙しくて時間のない時も部屋をちらかさず清潔でキレイに保てるコツなのです。

確かに、頑張って一気に時間をかけて清掃をしても、すぐに散らかると少しやる気が無くなることもあるでしょう。
そういった人にとってもこれは良い方法かもしれませんね。

地方における清掃の仕事について

名古屋などの都会に比べて地方では求人の数もまた職種も限られているという事はよく知られていることです。地方で多い求人というのは、介護の仕事であったり、土木関係の仕事であったり、運転手の仕事であったりしますよね。

その中でも、地方にある求人の中には清掃の仕事も多いものです。しかし、清掃の仕事というのは他の仕事に比べ、給料が安いことが多く、これだけで食べていくのはきっと難しいこともあるのではないでしょうか。
そのためダブルワークなど、給料を増やす手立てというのを色々と考えていかなければならないでしょう。

また、清掃の仕事は主に女性中心の仕事なので、男性には不向きな仕事と思われます。しかし実は、高度な技術が必要な清掃の仕事の場合は、男性が活躍している場合が多いです。
例えば、ビルの窓吹きなどの清掃の仕事では、危険が伴い、また高所での作業なので男性が行うというわけです。
そのため男性の方で、清掃の仕事につきたいと考えている人は、そういった方面の仕事を探して見ることをおすすめします。

名古屋の家庭での清掃ポイント

清掃をしてその場所が綺麗になると、とても気持ちが良いものです。
私はお掃除が好きなので、名古屋にて清掃業務のアルバイトをしたことがあります。

名古屋市内にあるスーパーの清掃業務でしたが、フロアの床掃除をしたり、業務用の器具を使って埃をとったりと、やる事が多くて想像以上に大変でした。
トイレ掃除もとにかくいろんな箇所が汚れているので、拭き掃除をかなり念入りに行いました。
他にも沢山やる事が多いので、動きっぱなしです。疲れはありますが、良く動くので、体が健康になりそうです。ダイエットにも効果があると思いますよ。

そんなこんなで、その時の清掃のアルバイトの社員から色々と家でのお掃除の方法を聞いていまして、その清掃方法をやっています。
まずは、洗剤は極力使わないようにする方がいいみたいです。強い洗剤を使ってしまうと床材などを傷めたり、変色してしまう可能性があるので、極力使わないようにしてください。

一番良いのは水を使うことですが、どうしても洗剤を使いたい場合は、弱めのを使うようにしてください。洗剤も最近は種類がとても多いので、材質に合った洗剤を使うのも良いです。
後は、清掃を効率よくする方法としては、作業する場所と大体の清掃に掛ける時間を予め決めておくととても効率が良くなります。ぜひ実施してみてください。

名古屋での掃除が毎日の仕事かな

私は名古屋にある施設で福祉関係の仕事をしています。業務内容は介護がメインではありますがそれと同じかそれ以上に清掃を行います。

一日の業務の大半が清掃と言っても過言ではありません。
内容は朝の事務所清掃から始まります。塩素を薄めた塩素水を使って事務所の机や電話、棚などを綺麗にふき取ります。
次に床全体をモップ掛けします。入所者の朝食が終了したら今度は食堂のテーブルを塩素水でふき取ります。

その後同じように食堂の床をモップ掛けします。毎日ではないですが曜日によってはその後ゴミの分別をおこなったり施設内の床を塩素水で掃除することもあります。施設は3階建てでとても広いため大変な作業です。

私と同じように介護員として勤務している人は私を含めて2人のため2人で協力しながら行っています。お風呂掃除も私の仕事です。大浴場と家族風呂両方を掃除します。お風呂はとても熱いので汗だくになりながら必死に掃除をしています。
掃除のおじさんと呼ばれる日が来るかもしれません。

名古屋にある我が家での清掃のやり方

清掃は、日々の生活の中でとても大切な事だと思いませんか。家の中、会社の中等、急な来客があった時の為にもいつでも綺麗にしておきたいと思っています。

以前、勤めていた名古屋の会社でも年配の清掃員の方がいつもとても綺麗にしてくれていたので、仕事も非常にやりやすかったです。仕事や家事へのモチベーションアップにも繋がるので清掃はとてもメリットがあります。

我が家の清掃ですが、主に私の仕事なので一応真面目にやっています。
フローリングは、ほうきで掃いてゴミや埃を一か所にまとめてから掃除機をかけると、電気代の節約になります。パソコンは、小さい刷毛の様なものでささっとキーボードの掃除をします。
窓や床を磨く際には、バケツの水の中にアロマオイルを垂らしてからぞうきんを絞ると、部屋中がとても良い香りに包まれます。ミント系等の爽やかですっきりしたものを使用しています。

こうした一工夫によって、清掃の最中も終わった後も良い気分に浸れるのです。清掃を楽しくする事が、毎日続けていく為の秘訣なのではないでしょうか。